あれから2年半…

みなさまは、2年半前の読売新聞の記事はご記憶にあるでしょうか?
歯を削る機器を、ほとんどの歯科医院が使い回しをしているという事実を知り どう思われましたか?

今から29年前の、1987年。
フロリダで起きたキンバリー事件。
これを機に米国防疫センターと米国歯科医協会は患者ごとにハンドピースの滅菌を勧告。
州によっては滅菌措置が義務付けられています。

しかし日本の歯科医療界では、まだまだ立ち遅れているのが現状です。
わたしが今まで働いていた歯科医院も、滅菌 消毒の管理が残念ですが、非常に杜撰(ずさん)でした。

しかし、ロータス歯科クリニック見学の際、滅菌 消毒レベルの高さに驚き 感動し「どうしても ロータス歯科で働きたい」そう強く思ったのです。

患者さんと、スタッフの安全を守るために世界水準の滅菌システムを、ロータス歯科では導入しております。

また法律で口腔内は、国家資格を保有する歯科医師 歯科衛生士しか触れてはいけないことになっております。

ロータス歯科クリニックでは、歯科医師 歯科衛生士による診療が行われ 歯科助手による違法行為は一切行われておりません。

どうぞ安心してご来院ください^ ^


ロータス歯科クリニックでは、以下の世界
水準の滅菌システムで、患者さんの安全 安心をお守りします。





iPhoneから送信
関連記事
スポンサーサイト
2016 03

0 Comments

Leave a comment