母のうた

ロータス歯科に通って来てくれる子どもたちの、ブラッシング.フッ素塗布をしながら子どもたちに尋ねることがあります…

「きれいに磨けているね^ ^
自分で磨いたの?」

「ううん!おかあさん!(おとうさん!)」と子どもたちの満面の笑顔。

(もちろん、おじいちゃまもおばあちゃまも協力してくださっているおうちもあり、感謝。感謝です。。)

「そう^ ^良かったねぇ。
仕上げ磨きをしてくれたおかあさんに、「ありがとう。」って伝えている?」

「ううん…言ってない。」

「そう^ ^心の中で伝えているんだよね。じゃあ今度さ、言葉に出して伝えてごらん。きっとおかあさん、すごく喜ぶよ。」

「わかった!言ってみる!」

母であり、妻であり、職場のスタッフであり、嫁であり…

ご近所さんや幼稚園、学校のおかあさんたちとのお付き合い。
習い事の送迎…

1人で何役もこなすおかあさんたちが、夜眠る前に、子どもたちの仕上げ磨きをするのは 本当に大変なことなのです…

中には、自分のことは全て後回しで、子どもたちの仕上げ磨きのあと、疲れ果てて、自分の歯を磨き忘れてしまうおかあさんもいることでしょう…(笑)

いいんです。いいんです。

翌日しっかり磨きましょう(⌒▽⌒)

おかあさん。
子どもたちの歯を一生懸命守ってくださり、本当にありがとうございます。

写真は、「ワンタフト歯ブラシ」と言って、鉛筆持ちをして、子どもたちの歯と歯茎の境目を数回なぞるだけで、きれいに汚れを落とせる歯ブラシです。

磨きにくい奥歯の奥や、舌側の歯と歯茎の境目も 簡単に落とせます。

忙しいおかあさんの、強い味方!!

使い方は、お気軽に歯科衛生士に声をかけてくださいね^ ^


母のうた   吉田山田

空いたミネラルウォーターのラベルもないペットボトルに
煮出した麦茶入れる母の口煩さが恋しいです

本当は優しくしたくて 何故だかいつも出来なくて
駅まで向かう帰り道 自分の幼さが嫌になる

あと何年 あと何回
あと何年 あと何回

私が大人になり あなたの背を越えた時は
照れたように笑いながら 一体何を想っていたのですか

トイレに貼ったカレンダー 特に書くこともないのに
私が帰るその日には 真っ赤な丸を描いてた

あと何年 あと何回
あと何年 あと何回

選ばないまま受け入れて 足りないまま寄り添いあって
手垢のついた月日が 頑なになった心を解かしていく

白髪が少し増えたね 皺もきっと増えたでしょうね
だけどこんなにも美しく 笑える人を私は知りません

あなたがもしもいつか私を忘れてしまっても
私が覚えている 私はずっとあなたの我が儘な子

幸せでいてください それが私の倖せ
そんな風に思えるほど 私も少し大人になりました
嬉しそうに笑ってる あなたの歌



iPhoneから送信
関連記事
スポンサーサイト
2017 09

0 Comments

Leave a comment